公益財団法人野田産業科学研究所

 事業活動

 1.研究事業

以下の研究課題で研究を行っています。
1)ゲノム情報を活用した醸造微生物の高機能化
  麹菌は醤油を初めとする我が国の伝統的醸造産業のみならず、酵素、食品等の産業においても重要な産業用微生物であるが、有性世代がない、多核であるなどの理由から古典的な遺伝解析ができず、育種研究は遅れていた。2005年に麹菌のゲノムが解読され、トランスクリプトミクス、プロテオミクス、メタボロミクスなどのポストゲノム研究の基盤技術が利用できるようになった。また、Ku70 などの非相同組換えに関与する遺伝子の欠損株を宿主として使用することにより、遺伝子ターゲティングの効率が飛躍的に向上することが当研究所において見出され、ゲノム情報を活用した麹菌研究の環境が整備されつつある。また、醤油乳酸菌においても次世代シーケンス技術の普及に伴い、ドラフトレベルのゲノム解読が容易に実施でき、ゲノムベースの研究が可能になった。
  本研究事業は、このようなポストゲノム研究手法と2005年度から5年間にわたり実施してきた生研センター基礎研究推進事業での研究成果を活用し、麹菌における未知遺伝子の機能や遺伝子発現機構の解明などの基盤研究を進めるとともに、醤油醸造に適した麹菌や乳酸菌を育種するための新たな技術開発を行い、産業に貢献することを目的として実施する。
  独立行政法人農業・食品産業技術総合研究機構生研センターの平成17年度基礎研究推進事業についてはこちらを参照して下さい。

 2.助成事業

 発酵化学産業の発展に寄与することを目的として応用生命科学領域の研究者に対する研究助成を行います。研究助成には一般の研究助成(年齢制限なし)と若手研究者(40歳以下)を対象とした奨励研究助成とがあります。
 2018年度の募集は終了致しました。

 
参考:2018年度募集要項 募集要項 応募書類申請書フォーム
   選考委員会 
   これまでの助成対象   (英文はこちら)
 2001年度2002年度2003年度2004年度2005年度
 2006年度2007年度2008年度2009年度2010年度
 2011年度2012年度2013年度2014年度
 
 

 3.その他の事業

バイオテクノロジー教室

 一般の市民・中学生以上を対象にバイオテクノロジーに関係した講演会を毎年開催しています。
(参考): 第26回(2017年)バイオテクノロジー教室(講演会)のご案内 
 過去の講演

・研究報告の出版

 研究員がその年に学会誌に発表した研究論文をまとめた、「REPORT OF THE NODA INSTITUTE FOR SCIENTIFIC RESEARCH」(英文)を、毎年出版しています。
目次:  2009年2010年2011年2012年2013年

  ご希望の方は info(AT)nisr.or.jp までご連絡下さい。
  (お手数ですが、アドレスの『(AT)』を『』に変えて送信ください。)        
Adobe Acrobat Reader[こちらで入手可能]で表示・出力することが出来ます。


野田産研 ホームページへ